ミツのロックフィッシュ

ルアーでのロックフィッシュ釣行記と猫記少々です。
ミツのロックフィッシュ TOP  >  思う事 >  なんとなく書いてみる

なんとなく書いてみる

今日はいい天気でしたね。
だけど明日行くつもりだったんですが明日は爆風
の予報&うねりも入ってるみたいですね。

「失敗した~」

明日はどうするかは後で考えるとして。
今日は適当に思ってることを書こうと思います。

ロックフィッシュ(根魚)を10年近く釣ってるんですが
いまだに根に張り付かれることがあります。

根に張り付かれるのと、掛けた場所がテトラ付近
では根に潜られたときはしばらくテンションを抜いて
待ってると
”ぐんぐん”
と魚が動くのでそのときに引っ張り出せば上手く行けば
魚をとることが出来ますね。

だけど私的にはこれよりも巻いてくるときにシンカーが
スタックしてそのまま針はずれの方がよくあります。
これは運がなかったとして諦めます。

さて、根に潜られる張りつかれるは掛けた場所により
仕方ないとこもありますが、よくあるのはというか
ほとんどは釣る人が下手なんです。

よくあるのは
1:フッキング後、ロッドの曲がりや重みで
 ”おっ!? でかい!”などと感触を味わってると 
 根に潜られます。だってフッキングしただけだから。
 これでロッドを更に持ち上げて根からはがそうとしても
 ロッドが曲がって魚は大して根からはがれません。

2:ポンピングする
  ポンピングはロッドを立てて寄せた分をロッドを元に
  戻しながら寄せた分のラインを巻き取るのですが
  これではロッドの曲がったパワーを一旦緩める事に
  なるし、必ずしもそうではないけど魚をこちらに寄せている
  行為をとめ、魚に根に潜る隙をあたえてしまいます。
  船などで完全に宙に浮かせていればいいんですけど
  ショアでは手に取るまで根がありますので。

他の魚のように引きを味わうとかいなしてる魚と一緒に考えていると
捕れる魚も捕れません。
誤解を招くかもしれませんが根魚は引きを楽しむ釣りでは
ありません。最初から最後まで圧倒的な力で釣り人が
魚を捕る釣りです。

では私はというととにかく掛けたらゴリまきです。
どんなタックルで引きを楽しむためロッドでいなしたり
引きを楽しんでいると根に持っていかれます。
いくらハードタックルで20cmにも満たない根魚でも
こんな事をして根に潜られてスタックしてしまうと捕れません。

もし根に潜らなくてもバレテしまったときは運がなかったと
諦めます。ただバレタ時の事も考えて私はフックの返しは
つぶしています。
こっちは遊びでも魚は死活問題ですからね。少しでもフックを
ぶら下げて生きる時間を短くしたいと思います。

そんな事を言って
”お前は釣ったらもってかえってしまうんだろ!”
と思うかもしれませんが
私は釣り上げた時点で終了ですからリリースしています。
だって持って帰るのにも準備と装備が必要ですし、
そして調理するのもめんどうだし。

長々と書いてしまいましたが自分がやってる釣りだと熱くなってしまうのは
仕方がないと思ってください。
そして書いた事を強要するつもりもないです。私がこう思って
楽しんでるよというだけです。
釣り場と魚を大切にして楽しんでくれればそれでいいと思います。


何もないのは寂しいので
新しい箱ではしゃぐはるちゃんです。


”潜んで獲物を狙う”
根魚と同じ感じですね!
なんと言っても肉食の猛獣ですから。(^。^)

この箱はふたを切り取って今も使ってます。
はるちゃんは使わずに、主にととちゃんが寝てますが。(w)
スポンサーサイト
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2015年10月24日 21:24 ] カテゴリ:思う事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

mitsu4

Author:mitsu4
名前:ミツ
性別:おっさん
愛知県在住
6にゃんこと生活し、
デカロックフィッシュを目指して南知多に釣りに行ってます。

るる ちゃん
かわいがってね!
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます。 あなたは
____匹目の根魚さんです。 (◦《《《《>з
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム