ミツのロックフィッシュ

ルアーでのロックフィッシュ釣行記と猫記少々です。

傷だらけの敗北

5月31日

今日は冷やかしで黒鯛をルアーで狙いにいってきました。
実は先日も仕事終了後同じ目的で行ったんですけど、風が思ったよりあり使用したタックル
のラインはPEラインのだったので話しになりませんでした。ヘチ狙いで唯一ヒットした根魚
も根に潜られてリグごとロストしてしまい魚に悪いことしてしまいました。

昨日の反省を少しだけして今日はリールはPEとフロロの違うラインの2つ持っていきました。
いつもの所に行く途中走行中の車のからみえた港にたまには違うところで釣ろうと思い
Uターンしてその港に。これが今日の運命の分岐点でした。

港に着き岸壁にて探るも当たりなし。今度は敷石を探ろうと敷石帯へ・・・敷石の上を
歩いていると浮き石に右足を乗せてしまいバランスを崩して転倒!転倒時にタックルを
庇おうと体制を入れ替えたのですが先週に続きリールを石に接触!(>_<)
と同時に左膝より痛みが・・・。リールの方はガード部分が接触しただけでキズも軽微、
しかし左足を見るとズボン(おっさんですいません)の膝が破れてしまい足はズキズキ。
足の方を恐る恐る見ると500円玉大の擦り傷&内出血。

行動には障害が出なかったのが幸いでした。簡単な処置をして釣り続行も雨が少し強く
なってきて、また転ぶのはいやなため車に退散→いつもの場所へ(^_^;)

雨が小降りになるまで車の中で仮眠をとった後港内側で釣り開始もそれらしいアタリは無く
あったのは何時もお世話になってタケノコ君のアタリ!!

20080531タケノコ20cm


20cm位でした。

その後はアタリ無く本日は終了。


風呂に入ると膝が沁みる、なんとも痛い日でした。

明日は天気も良いみたいなのでまたロックフィッシュで出動です。

PS;「さ~て 次回の傷だらけシリーズは」 って続きません!痛いのは嫌ですいろんな意味で・・・
スポンサーサイト
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月01日 02:47 ] カテゴリ:釣行記 | TB(0) | CM(0)

風は強く、冷たかったです。

6月1日

今日も午後より釣りに行ってきました。

今日も濁りはありますが、夏場によくある緑っぽい濁りで色的に期待が持てます。
しかし台風の影響か南方向からの風が強くラインの流れが多く10gのシンカーでも
底取りが困難な貯め14gに交換。ワームを交換しつつ探っていきますがアタリなし。
そのうち風がどんどん強くなっていき21gまでシンカーをあげていきました。
何とか底取りをしますが、根掛りが多く釣り難い状況でついにアタリ!しかしフッキング
できず空振り。この後単発ながらアタリはありますが、フッキングにいたらず。別の
釣り場に移動。
この場所は先の場所と違い風はあるものの向かい風になるため先程よりはよい状況です。
結果はアタリはポツポツあるもののどれもフッキングできず、風も冷たく寒くなってきた
ので日没を待たず18:30頃に1尾も釣れずに終了。年寄は変化に弱いんです(;_;)

本日のアタリはいつもの感じと違いショートバイトぎみ?風の影響もあると思いますが、
「カンッ」という感じ一回のみでした。同様のアタリで即合わせを入れたときにラインが
切れてしまったことがあり河豚に噛み切られたのかスパッ!ときれいに切られてました。
今日のアタリはほとんどこのアタリ方だったのでみんな河豚のアタリだったのかも
しれません。
河豚もワームをピックアップ時の巻き取り時のみ好反応だったので、先週のようにもっと
アピールが必要だったのかも・・・

まだまだ状況判断が甘いのがんばらなくてはいけませんね。
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月02日 20:44 ] カテゴリ:釣行記 | TB(0) | CM(4)

金曜日の夜は

6月6日
最近の私の金曜日の夜は冷やかし黒鯛ルアーですが。タックルはメバルタックルから
カサゴタックルになりました。
タックルの内容は
ロッドはインフィートVR72MLというものでロックフィッシュとフラットフィッシュ用と
説明にはあります。
リールは05ツインパワー2000SにPE0.8号(12lb)ラインをあててます。
ロッドのラインキャパは10lbとありますが、私の下手くそなノットではラインの性能は
生かし切れないのでOKとしています。

私の釣り方はジグヘッドとワームによる通称カニシャコパターンのみでやってます。
カニシャコパターンと言ってもリーリングによるボトムのズル引きです。
ジグヘッドでのボトムトレースが出来ない私にとってはよい練習となってます。

前置きばかりになってしまいましたけど、21時より釣りを開始、潮がちょうど下げ始める
時間なので魚の活性が上がるのを期待していましたが、いつものようにアタリなし。
メバルの姿も見えませんでした。

しばらく釣っているとキャスティングの時ビビット感触がありルアーが直ぐ前に着水。
そうですスピニングバックラッシュです。よくスピニングの方がライントラブルが少ない
と言いますが、トラブッタ場合高確率でリカバリーが利かないのでイヤです。


スローリトリーブや、軽量リグの場合はラインにテンションがかからないため発生しやすい
です。定期的にテンションかけする処置をすれば減るのですが・・・・
皆さんはどうですか?

なんて事もありながらもゴン!とアタリがありタケノコ?と思ったら重量感はありますが
下に突っ込んでいかず、首を振っている引き・・・アイナメ?と思いながら上がって来た
のは

20080606マゴチ_39cm


夏のお客さんでした。小ぶりサイズですけど海の中は夏に向かっているみたいです。
この後はメバルらしきアタリがあったのみで沈黙・・・

明日は設備の移動で午前中出勤なので0時にて終了。

PS:設備移動は短時間で済んでしまい帰宅後これを書いてます。

日曜日は午後から雨の予報なのでどうしようかな・・・
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月07日 11:41 ] カテゴリ:釣行記 | TB(0) | CM(2)

干潮時に

6月8日

15時30分頃より釣り開始。ちょうど干潮時間で潮位は10cm台なので満潮時よりテトラ3-4段
下まで出ています。
下のテトラまで降りての釣りです。
釣り始めて今まで気付いてなかった底の状態があらためてわかりました。今回の釣りにより
またホームの事が分かりました。潮位が低い時に釣り場の確認は結構収穫がありますね。
ほとんどの魚は底の状態に変化のある所がポイントになりますので、結構重要なことです
よね。

水はやや濁り気味ですが、グラスミノーをセットして底の状態を確認しなが魚の活性を
チェックしますが状況的には厳しい状況です。しかし沖目は着水からボトムまでにラインの
位置が動くので潮は動いているみたいなので何とかなると勝手に思い込み、パラマックスに
チェンジして誘い方をフリーフォールからボトムパンプに変更。変更後すぐに

20080608 タケノコ31cm


時間は15時55分、ナイスサイズです。撮影後すぐリリース。

しばらくするとryokuさんとお友達が到着。今回も黒鯛狙いの釣行です。
軽く挨拶と情報交換。

邪魔にならない?と思うと場所で釣り再開。最近はグラスミノー等のシャッド系の反応が
余り良くないのでワームの波動が合ってないみたいなのでどの系統の波動が良いのか確認
する意味でバグアンツ4インチをセット。久しぶりに見るとデカク感じますが、タケノコ
メバルにはこれでいいのです。が、反応なし。
今度はイカジャコにチェンジ。パルス系とグラブ系の特徴を持つワームです。これにて
20cm弱をゲット。しかしエラぶたにフッキングと何か今ひとつな感じです。

気分転換を兼ねてryokuさんの所へ・・・ryokuさんに教えてもらいながらウキを眺めます。
ウキの漂いに癒されてパラマックスにワームを交換して再開。すぐにヒット!しかし
15cmもありません。ワームより長さ的にちょっと大きいサイズです。

この後暗くなってからピックアップ時に24cmがヒット!魚がとんできました。(笑
これにて釣行終了です。

20080608 タケノコ24cm

飛んできた魚

今日はryokuさんとお友達も黒鯛を釣りましたので、最近冷やかしのクロダイルアーの為に
黒鯛を見せてもらいました。サイズ的には35cm以上のナイスな大きさでした。
私の使用しているワームサイズだとフッキングに持ち込むのはかなり難しいのでワーム
サイズ変更の必要あり!と感じました。

また最近タケノコメバルの釣れると言うか反応の良いワームがグラブ系に偏っています。
濁りがあるとは書いてありますが、7,8,9月だいたい今日と同程度の濁りです。その時期
は私的ではありますがシャッド系の方が良い反応です。時期的なものなのか、今年の傾向?
なのか8月頃までに何か変化があればまた一つタケノコの事が分かるかも知れません。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月09日 21:18 ] カテゴリ:釣行記 | TB(0) | CM(6)

私のロッド

今日は私のタックルのロッドについて少し書いてみようと思います。
現在ロックフィッシュ用としてベイトタックルを3セット使用しています。

20080610ロッド


上から
①RockEYE73BC-M+スコーピオンMg1001
②RockEYE78BC-H+アンタレスDC7LV
③BAYLinerBORON BLB-C76H/BRF+SPEEDMASTER201
です。

私の住んでいる愛知県ではロックフィッシュ用タックルとして市販されているのは
主にメバル用タックルで私の使ってるロッド類は2,3年ほど前にはほとんど売ってません
でした。その頃はバス用のスピニングタックルから同バス用ライチテキサスクラスの
ロッドを使用してました。
バスロッドは感度とパワーの点では申し分ありませんでした。ただし、私のほしい性能を
満たしているものは見つけることができませんでした。

その時分の私の望むロッドはファーストテーパーでありながらもティップにもそれなりの
ハリがあり、曲がりはきれいなカーブを描く7ft以上の長さでした。
そんな時に①のロッドを偶然店で見かけたので衝動買いしました。

①のロッドはティップのハリの点では若干心もとないのですが、10g位のシンカーまでは
リグの重さにティップが負けて根掛りか、リグの重さでしなってるのか判らなくなること
もなく底の状況が判りやすいロッドです。30cmのタケノコでもOKで、使用している
リールと併せて軽いので使いやすいです。使用感としてはライトタックル的な感覚でジグヘッド
等の巻物に使っても良いロッドです。

②のロッドは富山のキジハタ用に購入したロッドです。ほかのメーカもロッドも考えたの
ですが値段も安めだったのと①と同じシリーズという事とで購入。
パワーがヘビークラスになった為①で感じたティップの弱さもありません。残念ながら
これで40cm以上のキジハタは釣る事はできませんでしたが、長さとパワーも相まって
40cmのタケノコメバルは釣ることができました。一つ問題点を出すとすれば、21g
以上のシンカーでフルキャストする時に急にベリー分部からクニャっと曲がってしまい
キャストフィールがいまいちな感じがする所です。使用感としてはヘビーとありますが
ライトヘビーくらいです。やっぱりテキサス専用という感じです。

③のロッドは②のロッドでの不満点を解消する為に購入。前のロッドでもこの地方では
オーバーパワーだったのですが、結局は東北仕様と変わらなくなってしまいました。
スミスを選んだのはジギングロッドを持っていてこのロッドがパワーのわりにスムーズに
曲がり、しかもその曲がりがロッド全体でトルクを生み出しているような感じだったので
メーカーのロッド作りの傾向がなんとなくですが判っていたのと、28g以上でもスムーズ
にキャストできるだろうと思った点です。
このロッドで30後半を何匹か釣ってますが負けることはありません。
<-当たり前ですが(^_^;)

どちらかというと私の腕のパワーが先に負けてしまって竿のトルクを発揮できてないのでは
ないのではという状況もあります(笑)キャストフィール、感度、パワー、長さの点で今
一番気に入ってます。もちろん10cm台の魚のアタリも問題なく伝えてきますよ。


本当は各メーカのいろんなロッドを試してみたいのですが財力が追いつかないのと、その
ロッドに見合った大きさのロックフィッシュをポンポン釣ることができないので自分の
持ってるロッドだけの説明になってしまいました。

リールについては期待していないとは思いますが、またの機会に書いてみようと思います。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月10日 22:31 ] カテゴリ:タックル | TB(0) | CM(2)

13日の○曜日

今日も行ってきました。冷やかしに(笑)
22時頃より釣り開始。今日は風もほとんどないため、ラインはPEでやりました。
風がないときはいいですね、素直に飛んで言ってくれます。今回はバックラッシュしないように
フォール時のサミングもいつもよりしっかり行ったのでバックラッシュはなしでした。

さて今回もボトムのずる引きオンリーの釣りでしたが、引いてくる時に感じていた物が自分の考えと
違ってたのに築きました。今まで引いてくる時にある距離から抵抗感が強くなりる所があったのですが
今まではカケアガリと思ってたのですがどうも海草帯であることが判明。海草だけとは限りませんが・・・

まだまだですね(^_^;)

釣り自体は結果はボ○ズでしたが、クロダイらしきアタリが一度だけありました。
途中でコクンッとなりその後しばらく何かを引きずってる様な感じとなりしばらく後にグングン
と何度かきたのですが決定的な重みがのることなく終了。
この前ryokuさん達が釣った黒鯛を見せてもらってリグサイズを小さいのに変えたのに最初の
引きずり感のときにあわせるべきだったのかも知れません。
何とか1枚釣ってみたいのですがまだまだ先は長そうです。

その他はメバル?アナゴ?らしきアタリが何度かあっただけでした。

今日は日が悪かったことにして1時に終了。 にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月14日 02:53 ] カテゴリ:釣行記 | TB(0) | CM(2)

14日の土曜日

今日も14時頃より釣りに出発。
途中半田のJ州屋にてジグヘッド7gを購入し、スカリ&生かしバケツを物色。
アジ生かしスカリにて底部分が網でなくバケツ?みたいになっているものを発見。かなり惹かれましたが
大きさがΦ300と微妙な大きさ。商品の写真を見るとΦ350もラインナップされていてサイズ的にはそちらの方がよいのですが、結構な大きさです。結果購入せず。

いつもとは違う漁港に15時過ぎに到着、ここで私が釣ったことがあるのは24cm位までで大型は期待薄野場所ですが、時々気分転換でここに着ます。
堤防から投げ釣りをしていた人が帰るときに状況確認。
根魚は全然とのこと。しかしチョイ投げで20cm位のキスが6匹釣れたとのことでした。
試しにパルスワーム尻尾なし(話してる最中にフグにやられました(笑))を投げてずる引きすると
アタリあり!ワームをピックアップして確認。フグの噛み跡なしおそらくキスでしょう。
メバル用のジグヘッドでやれば釣れるかも知れませんがそんなタックルは持ってませんので
暇なときに試して見ることにして本命のロックフィッシュ再開です。結果アタリなし。時計を見ると
16時55分。この漁港を後にしいつものところへ移動。

潮の色は濃い緑色で見通しはよくないですが結構澄んでいるいるのでは?
と書きましたが、特に考えなく、最近調子のいい赤のグラグから開始。一度アタリはありましたが
フッキングできず。その後はアタリなし。その後グラスミノーピンクにチェンジし探るも結果が出ず・・・
そこで冒頭に書いた海の色に思い当たり、ウォータメロン系の色に交換。1投目に19cm程をキャッチ
やはり今日は緑系の色か!?と気をよくしてデカイのを目指して4インチシャッド(グリパン)に変えるも
続かず19時30分過ぎに終了。

今日は1匹釣った跡にすぐにワームを交換してしまったため本当にワームのマッチができていたが
怪しくなってしまいました。またその時の色がグリパンだったのも間違い。グラブでその系統の色が
なかったのでシャッド系が有効になってきたかも不明となってしまった事です。

明日も釣りに行く予定なのでもうチョット冷静になってみよう。 にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月15日 01:41 ] カテゴリ:釣行記 | TB(0) | CM(0)

血まみれの・・・

昨日に続き今日も行ってきました。金曜日は暑かったのですが、昨日からまた気温が下がり
月曜日の予報では雨が降るという予報です。今日はというと月曜日の予報に従うかのように曇りで
更に南から強い風が吹いてました。釣り場に向かう途中見た車の温度計でも23℃と
低めの気温なので、迷わず上着にレインウェアを着る事にします。
また、今日はピヨ君が来ているかもしれないのでタックルは
BLB-C76H/BRF+SPEEDMASTERです。

潮の色は昨日に続き濃い緑。昨日のヒットワームのグラスミノーウォータメロンにて探り
始める。しかし数投で根掛りした仕掛けを引っ掛けたようでワームに二本の切れ目がついて
しまいました。その他にもアマモの切れ端など今日はなんかゴミが底のほうに沢山ありま
した。

20分程探って1度目のアタリ!がありましたがフッキングできず。場所休めの意味をか
ねて移動。沖目にある根を探るべくロングキャストをし2回目のフォールで「コンッ」と
アタリ今度はフッキングに成功!がしかし引かない・・・ゴミなのかと思いながらも寄せて
くると

20080615 マゴチ_32cm


チビッコマゴチでした。
写真を撮ろうとマゴチを伸ばすべく掴もうとしたとき暴れてエラブタの所にある角?に親指
を刺され出血!そのまま携帯のシャッターを押すと思った以上の出血で血だらけに・・・
何とか撮影するもどうやってリリースをどうしよう、また刺されるのは嫌だし・・・
結果何とか胸鰭辺りのお腹を持ちへっぴり腰でリリース。

へっぴり腰の時にryokuさんとお友達が到着。情けない格好を目撃されてしまいました。
その後簡単に今日の釣果報告をして釣り再開。

ワームを交換し、探るもタケノコのアタリはなくメバルのアタリが数度あっただけでした。
19時30頃終了。

ryokuさん達は黒鯛、グレ、メバルを何匹か釣ってました。しかもメバルは高活性だった
そうです。また今日はサメがウキの近くを泳いでいたそうで、私自信この釣り場でそんな
事は初めてでビックリでした。

今日はアテ潮でタケノコにとっては外に出ずともエサが流れ込んでくる状況で釣る方に
とってはイマイチの状況でした。<--言い訳です_(._.)_

今日はピヨ君に逢うことは出来ませんでしたが何時か一緒に釣りたいです。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月15日 22:44 ] カテゴリ:釣行記 | TB(0) | CM(2)

潮の流れ

普段釣りに行く時に何潮か、干潮、満潮時間、タイドグラフなどをさらりとではありますが
確認して(釣り場で携帯で確認の時も。)から釣りに行きますが、それらは時合いなどは
大筋で読めますが現地でのどこが活性が高そうかの判断はなかなかつかないです。

そこで潮の流れを見ることが大切となってくるのですが、私はそれが苦手というか
出来ません(;_;)
根魚に潮の流れはあまり関係ないと思うかもしれませんが、それは穴釣り等の様に根魚の
目の前にエサ、ワームが落ちてきた時(「目の前に」が重要!)限定と私は思ってます。

自然にそのような事が起きるためには潮の流れが必要となってきます。エサとなるカニも
潮が流れてないとあまり活動しないためです。活動しなければ足を滑らせて転落?みたいな
事は起きませんから(笑)

さて潮の流れには非常に乱暴な言い方をすれば自分の立ち位置(ポイント)に対して
左右の流れと前後の流れがあります。この流れによって状況を読めるかが釣果につながって
きます。


私はテトラ帯での釣がメインですがほとんどのテトラ帯は後ろは防波堤となります。
私の見方はこうです。

①前から潮が流れてくる場合

潮が前から流れてくると根魚はテトラの奥でもエサが流れれくるのでそんなに外を意識しな
いと思います。この状況は穴釣りが効果を発揮すると思われますが、私の狙うデカロック
フィッシュを釣るには非常に向いてません。
テトラはヤスリと考えても言い過ぎではないのでラインブレイクが起きやすくその場合
当然、魚にはフックが刺さったままとなるので釣上げてリリースよりも与えるダメージは
甚大です。ただでさえ釣り荒れしやすい魚なので大切にしたいものです。
(なら釣りをするな!と言う意見はとりあえず置いといて・・・)

②後ろから流れてくる場合
まず、後ろが海の場合は釣り座の向きを変えましょう。(笑)
私の釣っている場所ではこの様な時は引き潮の時と考えられます。これが強い場合は結構
釣りになります。強い流れの場所より流れがゆるくなる場所であるテトラ帯に向かって
ベイトがよってくる時があるためです。それを狙って根魚も外を意識する可能性が出てき
ます。(根魚にとっては後ろからの流れになるのでかなり無理はありますが(^_^;))
但しこの場合はベイトが寄ってこなくては意味がないのと、時間がたてばベイトがテトラの
中に入り込んでしまうので結果①の状況と似た感じになってしまいます。

③左右に流れる場合
この時が一番根魚が外を意識していると思われます。流れがゆるくなってるテトラの中を
流れてくるエサを待つより、テトラ帯に沿って流れてくるエサを狙った方が良いと思われ
るのですが・・・
ただこの時は左右どちらから流れているかが重要と思われます。基本的には流れの上流
側にキャストして流れてくるエサを演出するわけですが・・・
私にはこれが読めません orz


私の流れの読み方ですが、判らないなりにもこんな所で潮が流れているな?と判別する
方法も書いてみます。

A前から流れてくる場合
リフトしてからのフォール時間がなんか短いな?というときはこれに当てはまるのでは?
思ってます実際アタリが激減します(勘違い?)

B後ろから前の場合は
Aの時と比べるとフォールの時間が長い時です。シャッド系のワームの時は振動が
伝わってくる事も。

C左右の流れの場合
Aの時よりはフォールの時間が長い。後シンカーが着低後ゴロゴロ転がる。

とこんな程度です。しかもそれなりの流れの強さがある場合限定です。もっとこれに磨きを
かけるor別の方法を見つければワンランク上の釣が出来るのですがもっと修行が必要です。

長くなってしまいましたが、これは私なりの考え方ですし、実際釣り場ではこれよりも澱み、
防波堤の先端等もっと良いポイントがあります。ただそれらの場所でも潮の流れを読めれば
効率よく探れますし、また別のポイントを探す目安にもなると思いますのでとりあえず
書いてみました。
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月17日 01:09 ] カテゴリ:思う事 | TB(0) | CM(2)

6月21日

今日は午前中は工場のボーリング大会に参加し、飛び賞で55位という賞をもらいました。
10年以上ボーリングをやってないのと体力に合わせて13ポンドのボールを使用したのですが
指の抜け具合がイマイチでリリースポイントが定まらず上記のような結果となってしまいました。

雨雲の予想では17頃から雨雲に覆われるみたいだけど、15時に家を出発。
衣浦大橋を渡る時は海は土濁りの色で濁りだけに期待です。ところが河和を過ぎる頃からだんだん
澄んだ潮になってきて釣り場は澄んでいる状態でした。

本日はメインはクロダイです。タックルはROCKEYE73BC-M+スコーピオンmgです。
風がある程度吹くのでPEラインでは辛いと判断したのと、ラインが12lbなのでリーダー要らず
と、このタックルでずる引きするとどうなるのかを確認するためです。

釣果はクロダイ0匹、チビタケ1匹でした。

今日のタックルでの感想は、バランス的に当たり前ですが5gのジグヘッドでもそれなりの飛距離が
出せたので○。
ずる引きの感想は、いつものタックルVR-72MLでは乗り越えられない根もそのまま引いてくる事が出来るのは良いのですが今まで感じた細かな変化は伝わってこないです。結果風が強めの時限定
のタックルとしてなら利用可能と思われます。

何とか1枚、クロダイを釣ってみたいです。
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月22日 09:04 ] カテゴリ:釣行記 | TB(0) | CM(4)

タケノコメバルのこと

今回はタケノコメバルについて調べたことで思ってみたことを書いてみます。

タケノコメバルの名前の由来をチョット調べた所、関西地方での呼び名がそのまま標準和名に
なったそうです。その呼び名は江戸時代の文献にはすでに登場しているそうです。
ずいぶん昔から?ある名前だな思いました。
また、関東ではウスメバルのことをタケノコメバルとも呼ぶそうです。
これは筍の取れる時期(3,4月)にちなんだ呼ばれ方のようです。<---孟宗竹の筍シーズン

また、模様は現在の市場で春先に出回る孟宗竹の筍ではなく真竹の模様に近いそうです。
私は見たことがありませんが(^_^;)
そして、孟宗竹は193x頃に中国から移植されたとの事なのとその年代で関西の筍といえば
真竹のことで。この事から由来の方はどうも真竹の筍の模様からきているみたいです。
それから真竹の筍というのは7月頃、生えてくるそうです。

私見ですが、筍に模様が似ているからタケノコメバルですが、なぜタケノコなのか?
それは釣れたタケノコメバル食味(旬)と真竹の筍がウスメバルの場合と同じような意味合いも
あるのでは?という事です。
旬がおなじと一緒に食卓に上ることによりなんだか似た模様だな?的発想です。(笑)

ちなみに孟宗竹の筍の時期はタケノコメバルの出産後でこの時期のタケノコメバルはまだ
痩せているのが多いです。(回復のための荒食いはあるようですが。)
1年中タケノコメバルを中心に釣っているとやっぱり暑い時期は体格もよく、引きも強いように
思い夏こそタケノコシーズンかなと思ってます。

なんとなくですがこんな事を思ったので書いてみました(笑)
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月26日 23:25 ] カテゴリ:思う事 | TB(0) | CM(2)

明日は1日雨のようなので

昨日は送別会で釣りにいけず、明日は予報では1日雨なのでもちろん今日は釣りに行きま
した。家を出る時はまだ曇りで雨は降ってませんでしたが、釣り場に近ずくにつれポツポツ
と雨が降ってきました。釣り場に着く前に別の漁港をのぞきまして、その漁港で黒鯛師の
格好をした人がいたのですが、ロッドは短いし、リールもスピニングとルアータックルでした。車にて移動中だったのでお話はしませんでしたが、前から少し気になるポイントで
あったのでクロダイルアーだったら、そのうち狙いに着てみようかと決めました。

寄り道を終らせて釣り場に着くとruokuさんが釣りに来てました。後で話してみると、
明日は雨で来れそうにないからと私と同じ考えでした。(笑)

釣り始めると今日は沖目はアテ潮、手前に来ると右へ流れると珍しく潮の流れがわかった
ので、アップストリーム、ダウンストリーム?といろんな方向へ投げてそれに合っている
のでは?と思う釣り方をしていると小サイズと思われるクンクン!とアタリがありました
が釣る事は出来ませんでした。その後しばらくシンカーサイズ変更ワームチェンジと反応の
良い条件を探しながら狙っていきますが、単発でクンクンとアタリはありましたが釣る事
はできませんでした。

17時半頃、ryokuさんは用事があるとの事で帰宅。

その後、今日の中で反応の良かったグラブ系のワームで何とかしようと釣りをしていると
違和感を感じ聞き合せをしてみるとまたクンクンとアタリ!今度はフッキングに成功しま
したが、やっぱり小さく20cmに満たないサイズでした。

20080628タケノコ18cm


最後にテトラ帯の端で潮上に向かって投げ、流れてくるエサをイメージして誘うとこれまた
クンクン!とアタリ。今度は今までよりチョット大きい感触で上がってきたのは

20080628タケノコ25cm


手尺で25cmと言った所でした。この魚、お腹は張ってますが、潮に押されてかあまり引きが強く
ありませんでした。
これを最後に暗くなってラインが見えなくなってしまったので今日はこれにて終了しました。


今日は小物?のアタリで2回ラインが切れてしまいました。切れ具合からしてすれて切れた
感じでしたが、その他にもいつもよりも多くラインがすれてボロボロになりました。
今までは気にしていませんでしたが、貝が多くなってきたのかもしれません。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月28日 23:05 ] カテゴリ:釣行記 | TB(0) | CM(2)

予報がハズレて?

2008年6月29日

今日の天気予報は1日雨でしたが、雨雲予報を見てみると昼から降らないかもしれないと
ネットで検討をつけて昼からの予報次第で釣りに行くかどうか決める事にしました。
結果、南知多周辺には雨雲がかからないようなので釣りに行ってきました。

本日のタックルはROCKEYE73BC-M+スコーピオンMgです。
理由はGulpのサンドワーム2.5インチをこの前購入したので小物でも狙ってみようという思います。

まずは上記ワームをダウンショットリグにて開始しますが、マスバリにてやった為、
根掛りが頻発で釣りにならないのですぐにテキサスリグに変更。
変更後は根掛りもなく快適に釣が出来ました。この時のリグは4番のオフセットフック、
5gシンカー
です。

さすがゴカイ(イソメ)の形をしたワームだけあって立て続けに3匹ほど20cm以下の
タケノコ君をゲット!

サンドワームはここまでとして次はサイズアップをはかるべく4インチグラブに変更して
狙いますが、どうも反応しません。ワームを色々交換しましたがアタリどころかカスリも
しませんでした。もしかしたら昨夜の雨が原因かもと思いましたがそんなに降ったかな?

ということで本日は終了しました。 にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
[ 2008年06月29日 22:00 ] カテゴリ:釣行記 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

mitsu4

Author:mitsu4
名前:ミツ
性別:おっさん
愛知県在住
6にゃんこと生活し、
デカロックフィッシュを目指して南知多に釣りに行ってます。

るる ちゃん
かわいがってね!
FC2カウンター
ご訪問ありがとうございます。 あなたは
____匹目の根魚さんです。 (◦《《《《>з
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム